Live / Post-Production

xRで変わるワークフロー

LIVEの常識を覆す
高品質なオンエアグラフィックス

ナックが提案するUnreal Engineを採用したリアルタイム・ノードベース合成ソフトRealityは、従来、ポスプロで行うような高度なVFX処理をライブ環境でも実行可能にしました。
 

RedSpyとRealityによるLIVEワークフロー例

Realityはライブ配信の現場で高画質リアルタイムCG合成を実現しリッチな映像演出を実現します。また、グリーンバック撮影の現場で合成結果をリアルタイムに確認できるプレビズ用途にも対応します。LEDウォールを背景に使用した撮影では、LEDの背景と実景、前景(フォアグラウンド)を合成し、ライブ環境で複雑なxR演出を行えます。RedSpyなど各種のカメラトラッキングシステムとの親和性が高く、システムアップすることで映像表現の可能性が広がります。

ポスプロの概念を大きく変える
高精細VFXの現場収録

Realityはドラマ、映画などの収録の現場においても、高度なVFX カットの現場収録を実現し、撮影ワークフローの効率化に大きく貢献します。実写、VFXのデータはそれぞれ個別に切り分けることが可能なのでポスプロでの微調整、修正作業、エフェクトの変更や追加も自在です。
 

 
RedSpyとRealityによるポスプロワークフロー例

ポスプロ処理を必要とする収録現場においても、Realityとカメラトラッキングシステムをシステムアップすることで、映像の収録とともに高精度なカメラのトラッキングデータ、レンズデータの収録が行え、ポスプロでの作業にも対応します。クリエイターからの高度な要求に応え効果的な映像演出を実現します。